「ささくれ」の歌詞 斉藤和義

2008/9/17 リリース
作詞
斉藤和義
作曲
斉藤和義
文字サイズ
よみがな
hidden
ささくれだった心臓しんぞうでは なにをやってもうまくかない
いた血管けっかんなかじゃ あかうしな

まれた知識ちしき本当ほんとうぼくのものなのか
おしえて あのしろ時間じかんこいしいのさ
べつこたえは何処どこきみっているんだろう
それとも電話でんわひとつですぐえるとでもうのかい?

理想りそうから現実げんじつけば のこったのはみにく劣等感れっとうかん
いったいだれになりたいのさ はや自分じぶんになりたいだけだろう?

出来できことからはじめるのさ それが一番いちばん近道ちかみち
ときにはてることでしかすすめない
まれた知識ちしきたとだれかのものでも
あのしろ空白くうはく時間じかんうばうことなどできやしない

出来できことからはじめるのさ 結局けっきょくはそれしかないんだ
おもえば大事だいじなものなんてそんなにない
まぎんだ知識ちしきじゃ グルグルまわるだけさ
それともきみはこの世界せかいつづくとでもうのかい?

そうだろう?
自意識じいしき過剰かじょう馬鹿ばか今夜こんやわらわれてる
そうだろう?
自意識じいしき過剰かじょう馬鹿ばかきみわらわせてる