「天国の月」の歌詞 斉藤和義

2009/9/16 リリース
作詞
斉藤和義
作曲
斉藤和義
文字サイズ
よみがな
hidden
あらそいは天国てんごくですればいいさ
いい人達ひとたちばかりでひまそうだから
どうかそんなふうめないで

ミニカーでたび出来でき子供こどもいま
渋滞じゅうたいなかで“ふっと”おれだれ
夕暮ゆうぐれのそら飛行機雲ひこうきぐも

いつか一人ひとりでまたあのまちこう
ただりたくてしたあのまちまで

今日きょうだれからもメールひとつないな
だけど今電話いまでんわにはでたくないな
いそがしいとえばいそがしい

駅前えきまえ十字架持じゅうじかもったひとさけ
神様かみさまさばきのときちかづいてる
ねぇうそつみはどれくらい?

しぼみそうでこごえてるオレンジは
あとすこし、もうすこしでをつける

なかひだりよりみぎのほうで
そっちよりこっちよりあっちへこう
どっちだっていいか 満月まんげつ

いつか二人ふたりでまたあのうみこう
ただうれしくていつもわらってたよる

あらそいは天国てんごくですればいいさ
いい人達ひとたちばかりでひまそうだから
どうかそんなふうかないで

カモシカはオオカミがきらいだから
オオカミはカモシカをいかけるのかな
どっちだっていいか 満月まんげつ