1. 太陽の目安歌詞

「太陽の目安」の歌詞 斉藤和義

2008/9/17 リリース
作詞
斉藤和義
作曲
斉藤和義
文字サイズ
よみがな
hidden
まわっているのはこのほし
まっているのは太陽たいよう
そらからリボンがりてきて
子供こどもがはしゃいでジャンプする

この何気なにげなくわりそら
言葉ことばより写真しゃしんろう

こわばったからだにキスをして
からまったあたまにキスをして
そらからなみだちてきて
あなたのからだにしがみつく

このなやましくれているはだ
さわるより写真しゃしんろう

日付ひづけわってそら
つきてるのをたしかめて
どこまでくのかいてみる
れてって せてって はやくして

このたよりなくはしきみ
言葉ことばより写真しゃしんろう

さりげなくてしない
けば もういまとお

いけからこいかおして
パクパクなにかをしゃべってる
そうか そうか いろいろあるんだね
あかいウロコが綺麗きれいですね

わすれたわけではないけれど
あなたはもともとだれだっけ?
たことあるようなかおだけど
ひょっとして もしかして ぼくだっけ?

嗚呼ああそれよりも まずそれよりも
きみ写真しゃしんろう

たよりなくはしきみ
言葉ことばより写真しゃしんろう