「蝉」の歌詞 斉藤和義

1997/12/26 リリース
作詞
斉藤和義
作曲
斉藤和義
文字サイズ
よみがな
hidden
今日きょうあさからあつ寝汗ねあせをかいている
まどりついたせみいのちもからがらに
彼女かのじょ姿すがたえないが べつにもめず
なにかがみたいとおもうけど それすらからない

時計とけい電池でんちがなくなって ゆうべのあの時間じかん
最後さいご煙草たばこもなくなった いにかけなくちゃ
そと相当そうとうあつそうだ せみつづける
彼女かのじょ姿すがたえないが 帽子ぼうしをかぶらなきゃ

やっぱりそとあつく なおさらあせ
くろありかんがえる ふゆそなえなくちゃ
きっかけなんてきっと些細ささいこと むねがざわついてくる
ジリジリ日差ひざしはつよくなる すべてをかす

太陽たいよう真上まうえのぼってる かげけてえる
彼女かのじょ姿すがたえないし ここにはかげもない