1. 夜明けはまだ歌詞

「夜明けはまだ」の歌詞 斉藤壮馬

2017/9/6 リリース
作詞
児玉雨子
作曲
高阪昌至
文字サイズ
よみがな
hidden
らない名曲めいきょく あふれるダンスホール
とびきりご自慢じまん孤独こどく

気分きぶんはどうだい?
わかんない
なんだよ
みょうれしくわらって

胸騒むなさわぎ おたがいに
さっきまで関係かんけいない
くだらない ばかしあい
ぼくおどらされていたい
真夜中まよなか 明日あしたのことは また今度こんど
たったいま 夢中むちゅうかれて

みんなしていろめく あおるよミラーボール
都会とかいそこのそこを 天国てんごく錯覚さっかく

よっぱらっちゃたな
うそだろ
うそ ウソよ
またそうやって茶化ちゃかす ねえどっち

からまわり なさけない?
そんなこと関係かんけいない
意味いみ不明ふめい それがいい
もっとあざむいてほしい
まじわった視線しせんがほつれ からまって
ほらいま 不安定ふあんてい うなされ

おどるだけさ

さんざめくサタデー沙汰さた所詮しょせん差異さい
まわれ まわれ まわってオールナイト
ひと ひと
かんがえるだけ無駄むだ所詮しょせん生物せいぶつ
はなれ ばなれ ながれついて えたんだろう

あまにおいまきらし
せつなぎる時間じかん
ほんとうは芝居しばい
よる永遠とわにみせかけた

胸騒むなさわぎ おたがいに
さっきまで関係かんけいない
くだらない ばかしあい
じゃれたフリしてんじゃないぜ
うたかた 明日あしたのことは またいつか
そうさ いま 夢中むちゅうかれて