1. 卒業歌詞

「卒業」の歌詞 斉藤由貴

1985/2/21 リリース
作詞
松本隆
作曲
筒美京平
文字サイズ
よみがな
hidden
制服せいふくむねのボタンを
下級生かきゅうせいたちにねだられ
あたまかきながらげるのね
ほんとうは
うれしいくせして Uh…
人気ひとけない午後ごご教室きょうしつ
つくえにイニシャル
るあなた
やめて おもきざむのは
こころだけにしてと
つぶやいた
はなれても電話でんわするよと
小指差こゆびさしてうけど
まもれそうにない約束やくそく
しないほうがいい
ごめんね Uh・・・
セーラーのうすいスカーフで
まった時間じかんむすびたい
だけど東京とうきょうわってく
あなたの未来みらいしばれない
ああ 卒業式そつぎょうしきかないと
つめたいひとわれそう
でももっとかなしい瞬間しゅんかん
なみだはとっておきたいの

席順せきじゅんわり あなたの
となりにさえいたわ
いたずらにかみをひっぱられ
おこってるうら
はしゃいだ Uh…
えきまでのとおみちのりを
はじめてだまってあるいたね
反対はんたいのホームに二人ふたり
とき電車でんしゃ
いま いた
ああ 卒業そつぎょうしてもともだちね
それはうそではないけれど
でもぎる季節きせつながされて
えないことも
っている
ああ 卒業式そつぎょうしきかないと
つめたいひとわれそう
でももっとかなしい瞬間しゅんかん
なみだはとっておきたいの