「心の瞳」の歌詞 新垣勉

2011/8/3 リリース
作詞
荒木とよひさ
作曲
三木たかし
文字サイズ
よみがな
hidden
こころひとみきみつめれば
あいすること それが
どんなことだかわかりかけてきた
言葉ことばえない むねあたたかさ
とおまわりをしてた 人生じんせいだけど
きみだけが いまでは
あいのすべて ときあゆ
いつも そばで わかちえる
たとえ あしたが すこしずつ えてきても
それは きてきた 人生じんせいが あるからさ
いつか わかさを なくしても こころだけは
けっして わらない きずなむすばれてる

ゆめのまたゆめひとてるけど
あいすること だけは いつの時代じだい
永遠えいえんのものだから
なが年月ねんげつあるつかれたら
微笑ほほえみなげかけて をさしのべて
いたわりえたら
あいふかときおもなにわず
わかりえる
たとえ 過去かこなつかしみ ふりいても
それは あるいてた 足跡あしあとが あるだけさ
いつか わかさを なくしても こころだけは
けっして わらない きずなむすばれてる

あいすること それが どんなことだか
わかりかけてきた
あいのすべて ときあゆみ いつも そばで
わかちえる……

こころひとみきみつめれば