1. 冬のオペラグラス歌詞

「冬のオペラグラス」の歌詞 新田恵利

1986/1/1 リリース
作詞
秋元康
作曲
佐藤準
文字サイズ
よみがな
hidden
しろゆき
ガラスまどくように
そっと もる
しずかすぎる
こんなよるねむれずに
あなたがになるの
いつも たび
ケンカばかりして
ただの友達ともだちおもってた
ふゆのオペラグラスで
よるまちをのぞけば
こいをしてる わたしかお
うつった
ふゆのオペラグラスで
むねおくをのぞけば
いつもよりも素直すなお
わたしがいた
イェイ イェイ イェ
ウォ ウォ ウォ ウォ
あさになって
しろゆきすこしずつ
そっと けたとき
あなたが
あのまちまではっきりと
景色けしきえていた
わたし はじめて
わかったがする
今日きょうは "きです"と
つたえたい
まどのオペラグラスは
どんなとき素直すなお
こいをしてるハートのなか
うつすわ
まどのオペラグラスは
意地いじをはったりしない
そこにえる気持きもちが
すべてだから

ふゆのオペラグラスで
よるまちをのぞけば
こいをしてる わたしかお
うつった
ふゆのオペラグラスで
むねおくをのぞけば
いつもよりも 素直すなお
わたしがいた