「おやすみのほし」の歌詞 新谷良子

2011/6/22 リリース
作詞
只野菜摘
作曲
宮崎誠
文字サイズ
よみがな
hidden
さよならと いたくはなくて
ちがう言葉ことば りばめていよう
またえる そのまでずっと
むねのおくが あたたかいように

ねむりについても
余韻よいん梯子はしごゆめにかけて いにいける

おやすみ おやすみ ありがとう
ほしまたたかずだけ しあわせを
とおくにいたって つながってる
またねという約束やくそくが みまもってる

たくさんのひとほし
きみがいると ってしまったから
うつくしい どんなものても
きみのことを かんがえてしまう

このつぎ はなしをきいてね
それまでどうかきっと 元気げんきでいてね

おやすみ おやすみ をつけて
背中せなか ちいさくなるまで みつめてる
ちぎれるくらいに をふった
きみの姿すがたひかりらしました

おやすみ おやすみ とまらない
今夜こんや はなれていくのが さみしくて
おやすみ やさしい あのつき
わたしたちをのせたほし らしました