「秋の空」の歌詞 新谷良子

2003/3/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
れたら あのバスてい きみとてた あきそら
あれから どれくらいの 季節ときぎたのだろう?

あなたがおしえてくれたこと
いまでもわすれずいるよ
しあわせは もらうものじゃないね
だれかと つくるものだね
このやみけてゆく…

れたり あめふったり 乙女心おとめごころあきそら
わらぬものはなくて だけど わすれないよ

あなたのそら
あなたのまち
あなたのゆめすべて
あなたの過去かこ
あなたの現在いま
どんなにとおくても

わらぬこころしばるよりも
わってくことめて
りない 言葉ことばめるよりも
おおすぎる一言ことば んで
このやみけてゆく…

れたら あのバスてい きみとてた あきそら
はるかな時間ときえて『ありがとう』つたえたいよ

「ありがとう」つたえたいよ