「Slow Down」の歌詞 新谷良子

2004/4/28 リリース
作詞
桃井はるこ
作曲
桃井はるこ
文字サイズ
よみがな
hidden
わすれものをとりに
なんどもどってもかまわないよ
あたしが不機嫌ふきげんなのはそんな理由りゆうじゃないの
おんなのやきもち たまにはスパイスだけど
いつもやすまらない それってだれのせいなの?

ヘルメットげた ゆびがつめたい
ほろにがくてわざとぎゅっと
いつもの背中せなかきついた

真夜中まよなかSlow Down あっけないくらい
いてるみちでも きみ安全あんぜん運転うんてん
真夜中まよなかSlow Down このままどこかへねえ
いっしょにいきたい
だけどきみいそがしい?

ながれる景色けしき きゅう不自然ふしぜんにゆるやかになって
肩越かたごしのぞきこめば ふかしては こまがお
まさかこんなところで はしせなくなるなんて
ぐずってるエンジンは あたしの気持きも見透みすかした

どこまでもつづく大通おおどお
ゆくあてのないふたりきりの
ちょっとしたたびがはじまる

突然とつぜんSlow Down しきりにあやまきみ
さっきまでのつよかぜうそのよう
突然とつぜんSlow Down わざとおこったふりした
にらめっこみたい
夜空そらにひびくわらごえ

とおけむるガスステーション
おでこにあせかいて
「あたしに手伝てつだわせて」
うわ、おもたい
おとこって大変たいへんなのね

突然とつぜんSlow Down 不謹慎ふきんしんワクワクする
「だいじょうぶだよ」とあかるいこえすの
突然とつぜんSlow Down
「これがはつデートだったら、最悪さいあくだよね」
「ううん…あたしはそうでもないかな」

きみとなら平気へいきなの
ゆっくりいこう いそがずに
まだよるけないから