「snow drop」の歌詞 新谷良子

2007/12/19 リリース
作詞
しんたにりょーこ
作曲
菊谷知樹
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆめるscene あのときのdear
あれから 何度なんど季節きせつはめぐって
おともなく もる
おもいのぶんだけ ふたりはつながるはずと
ばしてもけてえてくけど…

ねぇどうして れればれるほど
ぬくもりほどけてく キミがにじんでく
てのひらにのこったコトバだけ
おぼえてたくないのに わすれられないのは…なぜ?

ゆめたscene キミのこえtear
ぼくらがえらんで あるいていたみち
がつけば そこはただ
かがやきなくして もれてえなくなった
かけらひとつも のこしてはくれずに…

まえでキミはそっとわらってた
あのぼくはただ ココロざして
とどかないおもいをきしめて
ぼくうたつづける しろやみなか
ささやくように さけぶように
るように…
彼方かなたけてくねがい どこへ…?

てのひらにのこった言葉ことばだけ
おぼえてたくないのに むねにsnow drop
とどかないおもいをきしめて
ぼくうたつづける しろやみなかで…ずっと

おとがなくても…

おもはかなくて
このまま そのまま ココロにかざるの
このおもゆきけて
一緒いっしょ一緒いっしょながれてりゆけ…