「それを青春と呼ぶ日」の歌詞 旅立ち卒業組(SKE48)

2013/1/30 リリース
作詞
秋元康
作曲
毛塚雄太
文字サイズ
よみがな
hidden
だれもいない劇場シアター
あかりのえたせまいステージ
客席きゃくせきなか
わたしわかれをげる

おんなゆめ目指めざして
仲間なかまうたおどつづけた
あのあせ
ひたむきさを
おもうだけでむねけられる

ありがとう
った日々ひび
わたしのすべて
けば
つらかったことさえ
かがやいてる
大切たいせつなその記憶きおく
ずっと このむねいて
なに後悔こうかいない足跡あしあと
それを青春せいしゅん

客席きゃくせきからえた
わたし頑張がんばっていたのかな?
ステージのその姿すがた
だれかにめてしかった

自分じぶんみちえずに
何度なんどめようとおもったけど
ほかのメンバーの頑張がんばりを
自分じぶんりないものづかされた

ありがとう
あたらしいみち
わたし未来みらい
どこまでも
太陽たいようがそのさき
らしている
ゆっくりとじれば
きっと おもすでしょう
いつかかえってるこの場所ばしょ
それを青春せいしゅん

ありがとう
おおくの仲間なかま
見守みまもひと
なぜだろう
このほほらすのは
さびしいから
ゆっくりとうえいて
なみだ 我慢がまんしてわら
もっと素敵すてきになっておうね
それを青春せいしゅん