「愛だけが」の歌詞 日之内エミ

2008/4/9 リリース
作詞
日之内エミ
作曲
日之内エミ
文字サイズ
よみがな
hidden
カーテンった部屋へや一人ひとり
膝抱ひざかかえてうつむいた
時計とけいはりおとだけがすべてを
支配しはいしてる この世界せかい

こんなにもあいした ひと過去かこにはいない
そして このさきこれ以上いじょう あいせるひと
いないでしょう

あぁ あいだけが わたしがあなたへつたえたいおもいのすべて
あぁ あいだけを わたしはあなたにめてしかった

かなしいおもいは底知そこしれずあふれて
わたしのすべてを破壊はかいする
この先何さきなにたくはない えない
明日あしたさえもとおすぎるから

去年きょねん写真しゃしんを そっとながめてみた
あの笑顔えがおえにいまはただ
いている

あぁ あいだけが わたしきる意味生いみいきるちからすべてなのに
あぁ あいだけが わたしまえへと つようごかしてた

こんなにおもいをぶつけたのはきみだけ
こんなにすべてをみせれたのもきみだけ
もどしたい なぜもどれない
だれおしえて

あぁ あいだけが わたしがあなたへつたえたいおもいのすべて
あぁ あいだけを わたしはあなたにめてしかった

あぁ きみだけが わたしこころからすべてをさぶるほど
あぁ きみだけが わたしひろすぎるあい海泳うみおよがせた