「片想う」の歌詞 日比直博

2009/12/2 リリース
作詞
日比直博
作曲
日比直博
文字サイズ
よみがな
hidden
気付きづかないフリをしていたのかもね こいをしていた
はじめて出会であったときからきっときみきだった

くもかぜながれて太陽たいよういに
ぼくもそんなふうにしてきみえたなら...

ほらまたきみおもしてゆびまってぼんやりしてた
やらなきゃいけない事多ことおおいのに
またきみおもした またきみおもした

携帯けいたいおとらすたびこころのどこかで
きみじゃないかって期待きたいしてまた今日きょう空振からぶ

まえよりそらいろ敏感びんかんになったのは
とおくのほうあるくクセがついたから

ほらまたきみおもしてせつなくなっていきひとつ
これじゃダメだとかせても
またきみおもした またきみおもした

すこあまかおりのかみ ほくろのあるほそ小指こゆび
あなたがいないむらさきよる あなたがいる水色みずいろよる

ほらまたきみおもしてゆびまってぼんやりしてた
ほらまたきみおもして ルルルルル...

ぼくきみがいなくても多分笑たぶんわらってきていけるし
きみぼくがいなくても多分余裕たぶんよゆうきてくのでしょう
でもどうしても一緒いっしょにいたい
そんなふうおもうんです

またきみおもした