「Starting line」の歌詞 日笠陽子

2013/5/8 リリース
作詞
稲葉エミ
作曲
奈良悠樹
文字サイズ
よみがな
hidden
けば ずっとみち
坂道さかみち、ぬかるみもあった
ふととした爪先つまさき
どろだらけ でもかがやいてる

き”でめたことなら
つめたいあめにじのはじまり

Starting line
こころえがこう
もう一度いちど 顔上かおあげて
手招てまねきするのは
未来みらいからつよかぜ

ゆめ途中とちゅう
つまづいてころんで
つちをついたとしても
あらたな一歩いっぽここから

ならんであるいたもあった
きずつけたわかれもあった
足跡あしあとはずっとえない
すべてはきっとつながっている

あの日話ひはなしたゆめ
いまわたしうごかすかぜ

Starting line
何度なんどえがこう
きたい場所ばしょがある
競争相手きょうそうあいて
だれでもなく自分じぶんだった

すすめないなら
地団駄踏じだんだふめばいい
暗闇くらやみがひびれるまで
かがや一歩いっぽここから

げた過去かこ
こわすのがこわくて
臆病おくびょうになるもあったけど

やりたいんでしょう?
きたいんでしょう?
だったらもうまよわない

わりのさき本当ほんとうのはじまりが

Starting line
こころえがこう
もう一度いちど 顔上かおあげて
手招てまねきするのは
未来みらいからつよかぜ

ゆめ途中とちゅう
つまづいてころんで
つちをついたとしても
あらたな一歩いっぽここから

だけど
よごれた両手りょうて
いたわすれないで
競争相手きょうそうあいて
だれでもなく自分じぶんだった

すすめないなら
地団駄踏じだんだふめばいい
暗闇くらやみがひびれるまで
つぎなる一歩いっぽここから