「ヒューマン」の歌詞 日食なつこ

2011/2/14 リリース
作詞
日食なつこ
作曲
日食なつこ
文字サイズ
よみがな
hidden
何千万なんぜんまんもの生物種せいぶつしゅなかで ただひとり言葉ことば
何千万なんぜんまんもの生物種せいぶつしゅなかだれよりもたか知恵ちえ
ぼくらの名前なまえ人間にんげんです

何回言なんかいいってもつたわらないで 使つかいこなせもしない言葉ことばつめ
手入ていれもせずにりかざして つけた傷跡きずあとくすりはない

ほかのやつらはちょうさかなとりになって
身軽みがるきることに成功せいこうしてるのに
どうしておれだけを人間にんげんにしたんだい?
いち正義せいぎさえつづかないよ

神秘しんぴなるこころたぐいまれににして
あやつるつもりがおどらされ
息切いきぎれのいのちはそれでもねない
三角さんかく頂点ちょうてんにてむしいきのヒューマン

両手りょうてゆびじゃかぞれないほどに ながつづくこの寿命じゅみょう
一度二度いちどにどとふさがるこのみちひらくところまでを見通みとおしてるらしい

何千万なんぜんまんもの生物種せいぶつしゅ頂点ちょうてん本当ほんとうおれはふさわしいのかい?
きづまるおもいつめる ばかりが日々ひび仕事しごと
まっちまったきみいまここへ

いたおもいはしたくないしさぐいもつかれた
ねえこれどうやってぐの そろそろわりにします

どうしたってかぞえないよ もういでいいのかい
涙目なみだめはまだなにさがしてるよ

神秘しんぴなるこころたぐいまれににした
さあ ひからすためのかねらせ
うらんでもうらんでもフィナーレじゃわらってる
三角さんかく頂点ちょうてんのそれがつよさだヒューマン

きっとこいつならば ひとてても
いてくれると神様かみさま
なやみにいた揚句あげくぼくらをえらんだ
だから いままでびてきただろう