「サルビアの花」の歌詞 早川義夫

1969/11/10 リリース
作詞
相沢晴子
作曲
早川義夫
文字サイズ
よみがな
hidden
いつもいつもおもってた
サルビアのはな
あなたの部屋へやなか
れたくて
そしてきみのベッドに
サルビアのあかはな
しきつめて
ぼくきみぬまで
きしめていようと
なのになのに
どうして
ほかひとのところへ
ぼくあいほう
すてきなのに
きながら
きみのあとをいかけて
はなふぶきみち
教会きょうかいかね
なんてうそっばちなのさ
とびらをけて
てきたきみ
いつわりの花嫁はなよめ
ほほをこわばらせ
ぼくをチラッと
きながら
きみのあとをいかけて
はなふぶきみち
ころげながら
ころげながら
はしりつづけたのさ