「悪女」の歌詞 早真花(SAmaka)

2008/5/21 リリース
作詞
MIYUKI NAKAJIMA
作曲
MIYUKI NAKAJIMA
文字サイズ
よみがな
hidden
マリコの部屋へや電話でんわをかけて
おとこあそんでる芝居しばい つづけてきたけれど
あのこもわりと いそがしいようで
そうそうつきあわせても いられない

土曜どようでなけりゃ 映画えいがはや
ホテルのロビーも いつまでられるわけもない
かえれるあての あなたの部屋へや
受話器じゅわきをはずしたままね はなちゅう

悪女あくじょになるなら 月夜つきよはおよしよ
素直すなおになりすぎる
かくしておいた言葉ことばが ほろり
こぼれてしまう 「かないで」
悪女あくじょになるなら
裸足はだし夜明よあけの電車でんしゃいてから
なみだぽろぽろ ぽろぽろ
ながれて れてから

おんなのつけぬ コロンをって
深夜しんやのサてんかがみで うなじにつけたなら
夜明よあけをって 一番電車いちばんでんしゃ
こごえてかえれば わざとてゼリフ

なみだてて なさけてて
あなたがはやあたし愛想あいそうかすまで
あなたのかくす あののもとへ
あなたをはやわたしてしまうまで

悪女あくじょになるなら 月夜つきよはおよしよ
素直すなおになりすぎる
かくしておいた言葉ことばが ほろり
こぼれてしまう 「かないで」
悪女あくじょになるなら
裸足はだし夜明よあけの 電車でんしゃいてから
なみだぽろぽろ ぽろぽろ
ながれて れてから