「アミダばばあの唄」の歌詞 明石家さんま

1999/3/17 リリース
作詞
桑田佳祐
作曲
桑田佳祐
文字サイズ
よみがな
hidden
わすれかけた ときにひとり
あらわれたおもったら またえて
そんじょそこらの ばばじゃない
いやらしずかしなどなにもない

もものつけ イボゆめ
なさけないいたみに えかねて
ゆびさわりゃ くそやかましい
ドトウの刺激しげきけてく

みにくいほどに うつくしく
なにくとも ばばあ
ケイレンの夜風よかぜに KISSを
だれもかれもみんな あたいなんかにゃ
見向みむくそぶりも ありゃしない

アミダくじ アミダくじ
ひいてたのしい アミダくじ
おとこおんなのあいだのばばあ
アミダくじ アミダくじ
どれにしようか アミダくじ

おもすは ジジイのこと
ポクリと遊郭ゆうかくんだっけ
はしゃぎぎと 無理むりなポーズが
かれをいかせたわけなのさ

下司げすいと イヤミで
きてることが
なみだはかわいて てたの
つきのむかえおとこなんかにゃ
とうのむかしに へもない

アミダくじ アミダくじ
ひいてたのしい アミダくじ
きらわれまれてばかりのばばあ
アミダくじ アミダくじ
どれにしようか アミダくじ