「ひかり」の歌詞 星村麻衣

2008/8/20 リリース
作詞
星村麻衣,シライシ紗トリ
作曲
星村麻衣,シライシ砂トリ
文字サイズ
よみがな
hidden
なにもとめここにいるの? うしかえれば
きみ笑顔えがおぱっといた れるはなかげ

ひとみとじたやみなかなにえるのだろう
ただそば微笑ほほえむ それだけなのにあいかんじてる

ひかりのさき笑顔えがおさきわたし明日あしたへのゆめ
はげしくむねのこ事実じじつぼくらは明日あしたへの希望きぼう
ちいさなてのひらなかまれて旅立たびだったものは 無数むすう出来事できごと
だれかをみちびくひかり わたしみちびくひかり

そらうごしろくもを じっとつめていた
ときえてひといまねがいのっている

なにかがわってくれること ただっていたんだ
かざしたおくわるつよさの 意味いみかんじてる

明日あしたひかりがとどかなくても えないかべたかくても
背中合せなかあわせのひかりかげ彷徨さまよいながらあるいて
たよりなく自分じぶんめて わけもなく涙流なみだながした まぶしい陽射ひざしのなか
だれかをあいするひかり わたしあいするひかり

明日あしたになればはまたのぼる だれもが未来みらいへのゆめ
てなくつづ無辺むへんそらぼくらはきて意味いみ
すべてをつつあいはぐくまれづいたものは こころおくにある
やさしくうひかり わたしみちびくひかり

なにもとめここにいるの? うしかえれば
きみ笑顔えがおぱっといた れるはなかげ