「冬の朝」の歌詞 星羅

2011/11/9 リリース
作詞
いしわたり淳治
作曲
星羅
文字サイズ
よみがな
hidden
だれもいない朝焼あさやけのまちしずかで
地球ちきゅう最後さいごのこってしまった気分きぶん
電信柱でんしんばしらのふもと もったゴミのやま
雪崩なだれて歩道ほどうふさいでる

えるゴミのふくろやぶって
ねじれがっていびつ針金はりがねハンガーみたく
分別ぶんべつさえ出来できないこころ
ねじれがったこころてたつもりかい

だれとおらない交差点こうさてん 健気けなげにはたらく信号機しんごうき
しろいききている あかしえたふゆあさ

だれ気付きづかない だれられることのない
ひとりの時間じかんなにしてるか
人生じんせいはそれでまるんだぜ

「おれといるときには 出来できないことはもう
おれがいないときでもしないでしいんだ
なあ しんじていたいから おまえを」
あのとき約束覚やくそくおぼえてんのかな

くらいニュースだけんだ 新聞配しんぶんくば高校生こうこうせい
しろいききている あかしえたふゆあさ

だれ気付きづかない だれられることもない
ひとりの時間じかんなにしてるか
人生じんせいはそれでまるんだぜ

歩道ほどうふさぐゴミのやま あつめてまわ清掃車せいそうしゃ
だれとおらない交差点こうさてん 健気けなげはたら信号機しんごうき

くらいニュースだけんだ 新聞配しんぶんくば高校生こうこうせい
しろいききている あかしえたふゆあさ

だれ気付きづかない だれられることのない
ひとりの時間じかんなにしてるか
それですべてがまるんだぜ