「歳下のボーイフレンド」の歌詞 星羅

2011/11/9 リリース
作詞
星羅,いしわたり淳治
作曲
星羅
文字サイズ
よみがな
hidden
ねぇ すこ歳下とししたのボーイフレンド いまきみている世界せかい
なんでそんなにきらきらしてて まっすぐにゆめられるの
いつかきみのように もっといいに わたしもなれるがくるかな

大人おとなにならなきゃ大人おとな世界せかいでは
うまくいかないこともあるんだよ
ついついきみにこんな愚痴ぐち らしたら
たりまえかおで「それじゃだめだよ」ってった

しあわせだから笑顔えがおになるんじゃなくて
笑顔えがおだからしあわせになるんだよ」
わたしがつくった超甘口ちょうあまくちのカレーを
笑顔えがお頬張ほおばきみていたら 気付きづいた

大人おとなぶってる わたしのほうが 子供こどもなのかもなぁ

ねえ すこ歳下とししたのボーイフレンド いまきみこいしてるひと
本当ほんとうよわわる大人おとな 器用きようなふりしてるだけなの

ねえ すこ歳下とししたのボーイフレンド いまきみている世界せかい
とてもちいさなおにわなか 綺麗きれいなものしかてないの
だけど そのままでてほしいから わたしもそのにわいにくよ

出会であったころわらないきみ
昨日きのうのデートはバスにって動物園どうぶつえん
最初さいしょのプレゼントは へん腕時計うでどけい
このまえ誕生日たんじょうびへんなネックレスをくれた

つぎのデートも 自転車じてんしゃでまた むかえくるのかしら

ねえ すこ歳下とししたのボーイフレンド らないうちにくしていた
たからものをきみってる ほんのすこしけてほしいよ
いつかきみのように もっといいに わたしもなれるがくるかな