「ポーラスター ~君だけ信じて~」の歌詞 春原佑紀

1997/8/20 リリース
作詞
土生京子
作曲
菅原サトル
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとだれ
きずうたびに
こころなか
羽根はねやしていくよ
いつかそれが
つばさになるとき
大空おおぞらめざし
てられるはず
カゴのなか
ばたいてても
それは多分たぶんホントの
そらじゃない
勇気ゆうきだして 扉開とびらあけて
さぁすぐに出来でき
まずはじめてみる… だから
いま そらあお
かぜかんじたら
自分じぶんらしいかた さがしに
ただひとつ もとめている
あの彼方かなたにある
あいがきっと どこかで
まもってくれる
コンパスも 航路図こうろず
なにもないけど
ポーラスター
きみだけしんじて
やさしい場所ばしょ
居心地いごこちがよくて
はなれたくない
と そうおもうけれど
過去かこ明日あす
おな世界せかいしか
らないなんて
つまらなさぎるよ
なにえない
不安ふあんなときも
いた心抱こころだきしめ つよくなる
きっとこれはトライアルさ
またもっと もっと
よりたかたかく… べる
そう くもうえ
いつも青空あおぞら
かなしみさえ ここでは
えるよ
まよわずに そこへける
心自由こころじゆうになる
ゆめが ずっとわたし
みちびいてるから
ときかがやきを
とどけてくれる
ポーラスター
すべてをしんじて

いま そらあお
かぜかんじたら
自分じぶんらしいかた さがしに
ただひとつ もとめている
あの彼方かなたにある
あいがきっと どこかで
まもってくれる
くもうえは いつも青空あおぞら
かなしみさえ ここでは
えるよ
まよわずに そこへける
心自由こころじゆうになる
ゆめが ずっとわたし
みちびいてるから
コンパスも 航路図こうろず
なにもないけど
ポーラスター
きみだけしんじて