「ぼくというきみへ」の歌詞 春奈るな

2013/8/21 リリース
作詞
春奈るな
作曲
solaya
文字サイズ
よみがな
hidden
ちっぽけなきみふるえながら
いつもいてた
"こんなぼくなんて"
いつもおもっていた

あああいしたせかいを
だれかにきずつけられて
こころざした

"ぼくがゆめみる
せかいをだれも
わかってくれない もどかしい
どうすればいい?
だったらぼくが
大好だいすきなせかいを
きらいになってしまえば…"
いいきかせてた ずっと

でもこころはずっと素直すなお
きていたくて
"ほんとはもっと
きでいたいんだ"

ああ かくしてたきもちが
あふれるおさえきれずに
きみのなかから

もう一度いちどつよく
だきしめたせかいは
あたたかくて やさしい
あののまま
えないうでがきみをつつんで
おかえりって わらった
なぐさめるように そっと

そんなきみのなかから
あふれだした ひかりは
幸福論こうふくろんをさけびだすよ

あののきみがいてくれたから
ぼくはこうしてわらってる
アイをうたって
だからねきみにありがとうって
とどけたいよ とどいて

きみというぼくへ
ぼくというきみへどうか