「ネバーランド」の歌詞 春奈るな

2013/8/21 リリース
作詞
安永龍平
作曲
安永龍平
文字サイズ
よみがな
hidden
非現実ひげんじつおぼれて
いたみやなみだわすれて
いつのにか自分じぶん
存在そんざいさえみなくなるんだろう

なにしんじたらいの?
なにかんじたらいの?
あなたは何処どこますか?
わたしはここにるから さあつかんで

とお未来みらいかえることもなく
すすみちはたったひとつ
希望きぼうさがして たかんでゆけたら
過去かこわすものはちっぽけなガラクタになる

にみえるものだけを
しんじる大人おとなになるんだろう
本当ほんとう大切たいせつなリアリティは
何処どこつけるの?

時計とけい仕掛じかけのいたずら
明日あしたはすでに昨日きのうになる
ゆめつづきもう一度いちど
宝石箱ほうせきばこかくした言葉ことばはなった

きみをとり無限むげんそらってた
子供こどもころ 記憶きおくよみがえ
無邪気むじゃきなままでながたびつづけたい
理想郷りそうきょうかぶあの場所ばしょへとつづみち

二度にどもどれないこの瞬間しゅんかん
脳裏のうりけたなら
わすれないようにこぼれないように
ひとみじてほしねがった

おとぎのくにのネバーランドみたいに
ドキドキをトキメキにえられるなら
ゆめ世界せかい依存いぞんしてもいくらい
暗闇くらやみでもつよきよう

とお未来みらいかえることもなく
すすみちはこの一直線いっちょくせん
希望きぼうさがして たかんでゆけたら
過去かこはすべて りのままでもかまわない