「深海羽化のラプソディア」の歌詞 春奈るな

2013/12/11 リリース
作詞
春奈るな
作曲
Saku(Imagine Voice)
文字サイズ
よみがな
hidden
ずっとねむってる ふかうみのなかで
きみはただ ゆめをみて
ひとりきり いてたんだ

そのうつった こぼれちるひかり
そっとばしても
こわれそうで ためらった

こわくて つらくて
とまらない なみだ
こらえないでいてよ
このうたがほら
きみをめる

よろこびもかなしみも
すべてをはなって
ざしたおもいを
あいしてゆけたらいいね
そしてめた希望きぼう
れることが出来できたならきみは
そのつばさるのだろう

きっときみのつめたいうみのなか
およつづけていたから
そらいろらなかった

たかくて ひろくて てしないそら
つきみをっている
さあ このつかんで

やがてひろがってゆく
その背中せなかつばさ
傷跡きずあと いたみも
すべてをいやしてくれる
うぼくは今日きょう
つようたつづけるよ
きみがばたきつづけられるように

天使てんしのようなきみ
いとしくて まもりたくて
この呼吸いきえて
なくなっても
ぼくはそばにいるから

よろこびもかなしみも
すべてをはなって
ざしたおもいを
きみはあいしはじめた
そしてえた希望きぼう
れることが出来できたから きみは
そのつばさたのだろう