1. みえない手のひらで歌詞

「みえない手のひらで」の歌詞 時任三郎

1994/7/6 リリース
作詞
甲斐よしひろ
作曲
甲斐よしひろ
文字サイズ
よみがな
hidden
みじかかった 陽差ひざしが
いつかながさをましていき
肌寒はだざむささえ けして
あたたかさを
そっとくれる
ともにだしたふね
ためらわず わたっていこう
二人ふたりふねだけじゃあない
このひろうみ
ただよっているのは
みえないのひらで(ほら)
きしめていたい (さあ)
みえないこのあいで (ほら)
きみつつみたい (いま) つよ
海辺うみべにかつて2組ふたくみ
あしあとがあり 日暮ひぐれには
をつなぐ ふたつの
かげがあった
でもいま
3人さんにんあしあとが…
ともきることが
つらたびだとしても
ぼくまもなにもいわず
唯一ゆいいつひかり
それがきみなのさ
みえないのひらで(ほら)
きしめていたい (さあ)
みえないこのあいで (ほら)
きみつつみたい (いま) つよ

つきけるまえ
おそれず わたっていこう
二人ふたりふねだけじゃあない
このひろうみ
ただよっているのは
みえないのひらで(ほら)
きしめていたい (さあ)
みえないこのあいで (ほら)
きみつつみたい (いま)
なかにひとつの (ほら)
ひかりにぎりしめ (さあ)
みえないのひらで(ほら)
きみつつみたい (いま) つよ