「遠い空に流れていた」の歌詞 時任三郎

2007/6/20 リリース
作詞
馬場俊英
作曲
馬場俊英
文字サイズ
よみがな
hidden
あれはずっと ずっとずっとずっとずっとずっとまえ
ことさ とおとおとおのことさ
だれもみんな みんなみんなみんなみんなあのそら
こうがわ目指めざたびたんだ

地図ちずたないで 旅立たびだきみ
見送みおくったあの午後ごご
ぼくらはとおそら見上みあげて なにわず
ながれるくも いかけた
約束やくそくくもあずけて さよならは かぜにまかせて

かぜんで んでんでんでんではこばれて
ゆめはどこに どこに辿たどいたろう
口笛くちぶえに そっとそっとそっとそっと はこばせた
あのうたは どこにたどりいたろう

友達ともだち居場所いばしょいまらない
ぼくきみをもうらない
それでもとおそら見上みあげて 時々ときどきまた
ながれるくも いかければ
こえるよ くも
こえてるよ かぜにまぎれて

地図ちずたないで 旅立たびだきみ
見送みおくったあの午後ごご
ぼくらはとおそら見上みあげて
なにわず ながれるくも いかけた
約束やくそくくもあずけて さよならは かぜにまかせて
元気げんきでいてと かぜにまかせて