「ギンモクセイ」の歌詞 曽根由希江

2010/10/6 リリース
作詞
曽根由希江
作曲
曽根由希江,藤江理央
文字サイズ
よみがな
hidden
まど耳澄みみすまし キミのおと
いにきてよがえなくて
期待きたいしてはいたむね
今日きょう誕生日たんじょうび わたすはずの時計とけい
にぎめたままではりはもうすぐ
つぎわってく

こえきたくなったって
よろこかおたくたって
もうかえってこないのに笑顔えがおだけ
かなしいくらいかぶの

かないでとかぜせて
キミのうでまればいいのに
こころさわりた<て
とどけとそらつな
出会であったころいていた
むねをそっとあまつつむような
ちいさ<しろはな
まどからせつなくかおるの

心変こころがわりをめたって仕方しかたない
でももうたないとめてから何度なんど
まどてるんだろう

わかってるの不器用ぶきようって
そのやさしさにあまえすぎたって
あの「ありがとう」は
「さよなら」よりも
覚悟かくごのある言葉ことばだって

いたいよとかぜせて
キミのほほけばいいのに
こころさわれなくて
おな空見そらみえなくて
出会であったころいていた
いまむねおく れている
キミを一番いちばんあいせたのは
わたしでありますようにと…

おもいてるギンモクセイ
まどからせつなくかおるの