「ノラ猫と少女」の歌詞 曽根由希江

2010/12/8 リリース
作詞
曽根由希江
作曲
曽根由希江
文字サイズ
よみがな
hidden
ふわりふわりってる しろゆきうえ
つめたい地面じめん一人座ひとりすわそら見上みあげてた
ぼくつめをたてては やさしさからげて
うまくあまえられなくなったくろいノラねこ

けてゆく人波ひとなみ 孤独こどくにはれてる
いつもつよがっていた

キミだけはぼくまって
笑顔えがおこえをかけた
いてもつつんでくれた
心休こころやすまる場所ばしょつけた

めぐめぐ月日つきひぼく心変こころかえた
かなしみかかえるキミのとなり まもりたくなった
いたかさねて ひと素直すなおになれると
まえきること おしえてくれた

ある朝少女あさしょうじょぼくそばいた
まどそとたいと

キミはぼくきしめてそっと
ゆきじた
一粒ひとつぶなみだ ゆきなか
まるでけてゆくようだった

あのおなゆきよる
けばまた一人ひとり
キミとのおもそらから
ちてくる やわらかく

どんなに他人ひとから非難ひなんされても
わかってくれるあい
かならひとつはあることを
しんじられる いまならば
もう一人ひとりじゃない