「会いたい」の歌詞 曽根由希江

2012/6/27 リリース
作詞
曽根由希江
作曲
曽根由希江
文字サイズ
よみがな
hidden
えたらなにからつたえよう
「おつかさまちがうな 「いたかった」はキャラじゃないし
きっとあなたはいつもどお

車庫入しゃこいれが上手うまくできたとか ささくれがいたいとか
うれしいかなしい全部ぜんぶ はなしたいよ 子供こどもみたいに

はなれてる時間じかん 必死ひっしきてたよ 今迎いまむかえにいくね

めるとききなうたかなでるとき
からだ一部いちぶみたいに あなたがあふれてる
えない部分ぶぶん 想像そうぞうするのも限界げんかいだから
いたいよはやいたいよはやいたいよ

受話器越じゅわきごしの声聞こえきいて わらいながらわたし
平気平気へいきへいき」ってってこころうら ひっかかれてた

平気へいきじゃないよ ずっとってたよ 今日きょうやっとえる

夜眠よるねむときなみだそうなとき
からだ一部いちぶみたいに あなたがあふれてる
あせかく姿すがた おもかべたら 頑張がんばれたんだ
あなたにとって わたしちからになれたらな

いたみをわた勇気ゆうきてるのは あなただけ
二人ふたりけたなみだがあるから しんじていける

めるとききなうたかなでるとき
からだ一部いちぶみたいに あなたがあふれてる
Sha la la la… Sha la la la…
こののために あなたにうために 頑張がんばれたよ

もうすぐえる あなたにえる いたかったよ