「君のとなりに」の歌詞 曽根由希江

2011/11/9 リリース
作詞
曽根由希江
作曲
曽根由希江
文字サイズ
よみがな
hidden
つつんでほしいよ 心配しんぱいいらないよって ずっときみのとなりにいたいから

出会であったころはそう やさしさにこいをして
おはようって1ぎょうはじまるあさ
保護ほごしたメールがえてくのがうれしかったのに

大好だいすきだってわかってる そんなふうに季節越きせつこえて
だんだんわってゆくきみ背中せなかたりまえのようにつめたかった

どんなふうにいたら気付きづいてくれるの わたしなみだれたりしないで
わかってしくて なんか きずつけたいよ
このままじゃもう 二人ふたり明日あしたこわいんだ

日付ひづけわってきみ携帯けいたいった おもわずたフリするくせももうついた
どうして部屋へやからないと電話でんわできないのって けない

大好だいすきだってわないで むねけそうになる
つないでもとおはだかんじ おねが本当ほんとうのことをおしえて
わったのはわたし?あなたなの?

どんなふうにいたらどこにもかないの きみまえでは可愛かわいくいたいのに
しんじるしかないって わかってるけど
ズルイきみよりも そのめたくなる 自分じぶんいや

わらないひとはいない そんなのわかってるけど
きみだけはちがうんだって 期待きたいして

どんなふうにいたら 気付きづいてくれるの わたしなみだれたりしないで
わかってしくて なんか きずつけたいよ
このままじゃもう

どんなふうにいたら あのころもどれるの わたしはまたきみしんじられるの
まだまったわけじゃない すべはなして
ごめんねってわらってよ わたしだけのきみでいてよ

つつんでしいよ 心配しんぱいいらないよって ずっときみのとなりにいたいから