「帰り道」の歌詞 曽根由希江

2012/6/27 リリース
作詞
曽根由希江
作曲
曽根由希江
文字サイズ
よみがな
hidden
ふたつのかげがそっと ってのびるみち
あの夕陽ゆうひのように あの夕陽ゆうひのように かがやいて
このままずっとあるきたい

さっき駅前えきまえわかれてから ひとなみされながら
今日きょうのことばかり きみのことばかり おもして一人ひとり
あらいたてのシャンプーのかおり またすぐにいたくなったよ
かえ場所ばしょ おなじだったらいいのに きみいえいたかな

えないこの時間じかんきみおおきくなるんだ
さみしくて くるしくて こころはラクではないけれど
わたしにとってふたりといないひとだから
あの夕陽ゆうひのように あの夕陽ゆうひのように かがやいて
きみひかりになれますように

二人ふたりったラブストーリー 洋服選ようふくえらんで寝不足ねぶそくだった
いたときながれるエンドロール となりでわらわれたよね
きみ今何いまなにしてるかな その笑顔えがおあたまめぐ
旅行先りょこうさき写真付しゃしんつきのメールも 期待きたいしていいんだよね

いますぐいにてと えたらいいのに
喧嘩けんかもできるような距離きょりにいつかなってみたいよ
かたちのないような特別とくべつなにかがしいよ
あの夕陽ゆうひのように あの夕陽ゆうひのように かがやいて
いつまでもずっと二人ふたり

だれかとたのしそうにはなす その横顔よこがおいやだけど
そのあとこっちに気付きづわら瞬間しゅんかん

はなれている時間じかんきずなふかめてゆくから
さみしくて うれしくて どんなこともえられる
こころなかきみうたいながらあるみち
あの夕陽ゆうひのように あの夕陽ゆうひのように かがやいて
明日あしたらしてゆくんだ

かがやいて いつまでもずっと二人ふたり