「私の知らない君」の歌詞 曽根由希江

2012/6/27 リリース
作詞
曽根由希江
作曲
曽根由希江
文字サイズ
よみがな
hidden
だれよりきだよって つよきしめて

またあとでメールすると じゃあねときみ仲間なかまのもとへ
はずんだ背中見せなかみてそっと ばしかけたろす

あどけないあのみたいに 本当ほんとうきみとはしゃぎたいのに
友達ともだち大事だいじだねって 理解りかいしてるフリをした

恋人こいびとだって 大事だいじにしてくれても
電話でんわこうのわらごえ むねくるしくひびくの

わたしらないきみがいる 本当ほんとうにただの友達ともだちなの?
こっちより たのしそうにわらわないで
えないよ こんな気持きもちきっと

ながかみキレイだねと まわりにいくらめられたって
きみがふざけてさわるあのれるみじかかみがいい

恋人こいびとだって 紹介しょうかいしてくれても
一番近いちばんちかわたしなのに はいれないとお距離きょり

わたしらないきみがいる いつも以上いじょうかがやいてえるの
気付きづかないその笑顔えがお めたくなるよ

こころこわれそうになる 自信じしんがないの わたしでいいのって
きだから つよがって うそついて
本当ほんとうはいつもわかってる もっとしんじてつよくならなきゃって
ただきみうしないたくないだけなの
えないよ こんな気持きもちずっと られたくないけど
すこしは気付きづいてたりしないの…

だれよりきだよって つよきしめて