1. うた歌詞

「うた」の歌詞 月の203号室

2005/3/2 リリース
作詞
西畑春之介
作曲
西畑春之介
文字サイズ
よみがな
hidden
はる彼方かなたかぶ 虹色にじいろまち
いつか いつのはねひろげるまで
ぬるいかわ ながれてまり
ひとは いつも 手遅ておくれになるまで
因縁いんねんづかないのか
ぜひ いてもらいたい うたがあるんだ
ぼくのこと きじゃなくてもいいから
一人ひとり 二人ふたり とおぎても かないで
最後さいごまで そばにいて

瞼静まぶたしずかにけて またじるとき
きていることが ふわりかぜとほほえむ
あいゆめ しんじてばせ
いのることや 感謝かんしゃをすることは
人間にんげんはじまりだから
ぜひ ってもらいたい 場所ばしょがあるんだ
ぼくのこと 不思議ふしぎだとかんじたなら
一人ひとり 二人ふたり とおぎても かないで
ぼくだまされてみて

ながれるままながされて たたかうことでうしな
それでも またかえ
ひとは ひゅるりらゆらいやいや

ぜひ いてもらいたい うたがあるんだ
ぼくのこと きじゃなくてもいいから
一人ひとり 二人ふたり とおぎても かないで
最後さいごまで そばにいて