「海岸電車」の歌詞 月の203号室

2006/7/19 リリース
作詞
蓮本俊介
作曲
蓮本俊介
文字サイズ
よみがな
hidden
海岸電車かいがんでんしゃまどから きみ街見渡まちみわたして
今日きょうきみ笑顔一えがおひとつずつ おもしてニヤけてる

電車嫌でんしゃぎらいのこのぼくいまではこのとお
きなひとがいる それだけですこつよくなれる

ぼくはいつもわすれはしない いつでもどんな場所ばしょにいても
よわ背中せなか そっとつよしてくれてること

国道近こくどうちかくのちいさな球場きゅうじょう
少年野球しょうねんやきゅうてはしゃぐきみぼくてる
かたむ夕日ゆうひつめたい潮風しおかぜ
そんなとき ふとおもうよもう...はなさない

海岸電車かいがんでんしゃにして あき砂浜すなはま
なつふゆうみどっちがき? なんてわらいながら

もしもきみがいなくなったら おもっただけでくるしくなる
いまわらない毎日まいにちが ただいとしいから

二人ふたりこえだけひびくホームでサヨナラ
すこさき踏切ふみきりのベル むねめつけてく
たとえばこのまち はなれたとしても
たがつよしんじて ねえ...

国道近こくどうちかくのちいさな球場きゅうじょう
少年野球しょうねんやきゅうてはしゃぐきみぼくてる
かたむ夕日ゆうひつめたい潮風しおかぜ
そんなとき ふとおもうよ もう...はなさない

最終電車さいしゅうでんしゃれた息整いきととのえて
きみがくれた勇気一ゆうきひとつずつ たしかめてる