「百人の男」の歌詞 朝倉美紀

1979/1/1 リリース
作詞
山口洋子
作曲
伊藤雪彦
文字サイズ
よみがな
hidden
百人ひゃくにんおとこ
やさしいうでよりも
あんたのつめたさが
ただ こいしいときもある
一緒いっしょのうかと
馬鹿ばかまぐれ
言葉ことばあそびでも
えれば えればいいわ
別離わかれ おともなく
しのびこむよる
あゝ 夜明よあけもはやいのよ

やさしくくよりも
両手りょうてをつかんで
昨夜ゆうべだれといた
なにしてたと きかれたい
からだ よせあって
はなればなれの
ゆめうなんて
えられ えられないわ
かわいたすなうえ
あいのかけらでも
あゝ つけてなぞりたい

おとこさみしさが
わかってたまるかと
ひとりでさけのなか
何故なぜ おぼれてむの
わざとらんぼうに
のどをそらして
グラスみほした
ままな ままな素顔すがお
一度いちどはくるわせて
かせてみたいわ
あゝ わたしのこのひざで