「横浜いれぶん」の歌詞 木之内みどり

1978/1/1 リリース
作詞
東海林良
作曲
大野克夫
文字サイズ
よみがな
hidden
横浜よこはまいれぶん
横浜よこはまいれぶん
あんたのきずをいやすのは
海鳴うみなりよりは
土砂降どしゃぶりがいい
バックミラーに うつ横顔よこがお
どこかむかし
あいつにていると
ふかいためいき ふともらす
そんなセリフが
ドキリとさせる
ここでおちたら
あまりにできすぎだから
わたしのない 生返事なまへんじ
横浜よこはまいれぶん
横浜よこはまいれぶん
あんたのきずをいやすのは
海鳴うみなりよりは
土砂降どしゃぶりがいい

テキーラひといき
みほしたあと
ボタンふたつをはずしたむね
まぶしすぎると ふとだま
そんなカゲリに
おぼれてしまう
づいたときはいつでも
おじけづいてる
わたしまぐれ おひとよし
横浜よこはまいれぶん
横浜よこはまいれぶん
くるまのライト して
今夜こんやはどこでも
ついてくつもり
横浜よこはまいれぶん
横浜よこはまいれぶん
くるまのライト して
今夜こんやはどこでも
ついてくつもり