「「ありがとう」」の歌詞 木山裕策

2008/10/8 リリース
作詞
多胡邦夫
作曲
多胡邦夫
文字サイズ
よみがな
hidden
あの日君ひきみにもらった大切たいせつ宝物たからものは「ありがとう」っていう言葉ことば
みぎひだりえずただころがっていただけのぼくささえてくれた

どんなに頑張がんばっても空回からまわいやになるときだってあるよ
だけどそんなときこそ本当ほんとう勇気ゆうき
ためされるんだってことに気付きづいたんだ

ぼくぼく出来できることをひとひとはじめていかなきゃ
もりそらはなきみ笑顔えがおまもりたいから

ありふれてる日常にちじょうもれているパスワードがすこえたがする
ぼくきみきだよ きみ笑顔えがお大好だいすきだよ
これが「あい」ってもんかな

人込ひとごみのなかえちゃいそうで ポツンとなるときだってあるよ
だけど自分じぶん居場所いばしょなんてね何時いつさがすんじゃなくて
いま りのままのその自分じぶんつくるんだ

ぼくぼく出来できることをひとひとかさねていかなきゃ
もりそらはなきみ未来みらいのこしたいから

きみきみかがやいろひとひとつけてほしい
ぼくぼくにしかないオリジナルのうたうたうよ

きているということ
その素晴すばらしさをおしえてくれたきみに「ありがとう」