「「幻」」の歌詞 木山裕策

2008/10/8 リリース
作詞
多胡邦夫
作曲
多胡邦夫
文字サイズ
よみがな
hidden
窓辺まどべかぜのようにやわらかいその眼差まなざしは
ときやさしく ときにつよすべてをつつんでいた

こたえがなんであろうとそんなこと関係かんけいがないんだ
きみとなりにいる それだけでいい

何処どこべつ世界せかいぼくらはいるみたいだね
何度なんどめぐ季節きせつきみあいかさながめていたい
きみれながらかんじたい

なにもわかってないんだね」
涙浮なみだうかべ わらってた
こんなにちかくでおもってるのに
いったいなにてたんだろう

おなみちあるいておなゆめおないろけてた
きみのその歩幅ほはば無視むししたまま

何処どこきみ背中せなかぼく見失みうしなったの?
何度なんどきみ名前なまえんだけれどぬくもりはもどらない
きみぬくもりはもどらない

何処どこにいてもきみ姿すがたぼくさがしてしまう
だから何度なんど何度なんどでもきみぶよ
だけどぬくもりはもどらない
きみぬくもりはもうもどらない