「イルカの夏」の歌詞 木村佳乃

1998/6/17 リリース
作詞
工藤哲雄
作曲
久保こーじ
文字サイズ
よみがな
hidden
つよがりって
キミをこまらせた
ケンカのあとは
さみしくて
らないケータイ
助手席じょしゅせきいて
一人ひとりのドライブ
夜明よあけまで
夏色なついろあさかれて
なつかしいうみまでくよ
はじめてつけたこの気持きも
きみこいしている
わたしわたしであるかぎり
きみをみつめていたい
もう げたりしない

気付きづけば いつも
きみをさがしてた
見慣みなれたえき
キャンパスで
もうすこ素直すなおになるよ
もとめてるばかりじゃなくて
二人ふたりでみるゆめ かなうまで
いましんじてゆこう
とおにじのアーチいかけて
ひかるなみ彼方かなた
I just want to say
“I love you”
どこまでもつづ青空あおぞら
きっとつけられる
だれもまだらない
微笑ほほえみに およ
はじめて出逢であえたこの気持きも
きみこいしている
わたしわたしであるかぎり
きみつめていたい
I just want to say
“I love you”