1. いつも何度でも歌詞

「いつも何度でも」の歌詞 千と千尋の神隠し ED 木村弓

2001/7/18 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
んでいる
むねのどこかおく
いつも心踊こころおど
ゆめたい
かなしみは
かぞえきれないけれど
そのこうできっと
あなたにえる
かえすあやまちの
そのたび ひとは
ただあおそらあおさを
てしなく みちつづいて
えるけれど
この両手りょうてひかりいだける
さよならのときの
しずかなむね
ゼロになるからだが
みみをすませる
きている不思議ふしぎ
んでいく不思議ふしぎ
はなかぜまち
みんなおなじ

んでいる
むねのどこかおく
いつも何度なんどでも
ゆめえがこう
かなしみのかず
くすより
おなじくちびるで
そっとうたおう
じていくおも
そのなかにいつも
わすれたくない
ささやきを
こなごなにくだかれた
かがみうえにも
あたらしい景色けしきうつされる
はじまりのあさ
しずかなまど
ゼロになるからだ
たされてゆけ
うみ彼方かなたには
もうさがさない
かがやくものは
いつもここに
わたしのなかに
つけられたから