1. 入道雲歌詞

「入道雲」の歌詞 木村竜蔵

2012/9/12 リリース
作詞
木村竜蔵
作曲
木村竜蔵
文字サイズ
よみがな
hidden
とおそらにそびえくも
どれだけはしってもせないでいる
ぎてだけはしってゆく季節きせつこうに
ぼくらが目指めざしてる未来みらいがあるなら

乱反射らんはんしゃ くだけたガラスに
うつんだのは残酷ざんこくなモノで
太陽たいよううすれる意識いしき
こころなかまでがしてしまうのか

なつ日差ひざしにじれば
白昼夢はくちゅうむのような暗闇くらやみ ちるそら

陽炎かげろうらめく坂道さかみち
つまずいたとしてもながしたとしても
どんないたみもわすれられるほど
にしたいモノがそこにはあるから

なつ風胸一杯吸かぜむねいっぱいすんで
くるしいほどにそのばしても

つかめなくてそれでもつかみたくて
力強ちからづよにぎりしめてみても
なにもなくてなにのこらなくて
かってるかってるけど
ぼくらのまえちはだかる
あのくもこうへ こうよ