「君に出会える街」の歌詞 木村竜蔵

2015/6/3 リリース
作詞
木村竜蔵
作曲
木村竜蔵
文字サイズ
よみがな
hidden
くつ底心地そこここちよい振動しんどう
街中まちなかはしるノスタルジア

きみきだった小説しょうせつ
モデルになってた喫茶店きっさてん

商店街しょうてんがいつづ石畳いしだたみ坂道さかみち
ふたりあるいた時間じかんいろもど

そうここはきみ出会であえるまち
みちあいだ線路せんろがひしめくまち
水彩すいさいのやさしさにじむように
むね中温なかぬくもるまち

とおくのほう太鼓たいこおと
だれもがこころおどらせる

ビルの隙間すきまうずもれてた無機質むきしつ日々ひび
ひかりかぜにおいにいろもど

そうここはきみ出会であえるまち
旅客機りょかっきがすぐ真上まうえまち
見上みあげたそらおなじはずなのに
むね中晴なかはれてゆくよ

そうここはきみ出会であえるまち
みちあいだ線路せんろがひしめくまち
水彩すいさいのやさしさにじむように
むね中温ちゅうぬくもるよ

そうここはきみ出会であえるまち
旅客機りょかっきがすぐ真上まうえまち
見上みあげたそらおなじはずなのに
むね中晴なかはれてゆくよ