「四季」の歌詞 木村竜蔵

2012/9/12 リリース
作詞
木村竜蔵
作曲
木村竜蔵,細海魚
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆきけてちわびたいろどりの季節きせつ
かみでるかぜやわらかくなってきて
かとおもえばもう太陽たいようってはくれないよ
でもそのスカートはみじかすぎやしないかい

あしぎる日々ひび一秒いちびょう
きみとならぼくとなら

めぐめぐるいつのときでも
きっと永遠えいえんえてみせるから うら日和びより
めぐめぐるいつのときでも
そっとかがやはなっていれるように 涼風吹すずかぜふいて

よるながくなった頃長ころながかみって
うつむいたきみほほ夕焼ゆうやいろ
いきしろのこ静寂せいじゃく街歩まちある
ぼくのポケットにはきみぬくもり

やりきれないかなしみにつつまれても
きみとならぼくとなら

めぐめぐるいつのときでも
きっと永遠えいえんえてみせるから 夕月夜ゆうづきよ
めぐめぐるいつのときでも
そっとかがやはなっていれるように 風花舞かざはなまって