「夏の夢、君は幻」の歌詞 木村竜蔵

2015/6/3 リリース
作詞
木村竜蔵,Hayato Kimura
作曲
木村竜蔵
文字サイズ
よみがな
hidden
そら花火はなびがほら えてもいてる
夜空よぞらげたにおいに 記憶きおくのドアがひら

日常にちじょうすこはなれ ぬるいビール片手かたて
むしうただけがひび夏草なつくささそわれて

きみしあわねがってたつもりが
どうやらそれもうそだったみたい
いまさらきみきしめたくても
まじわることのない未来みらい

いたくなったよ わすれられないよ
あまくてせつないかぜにお
真夏まなつゆめかんだきみまぼろし
あののように わらいかけてくれるのに

提灯ちょうちんかりよりも やわらかい灯火ともしび
したのはぼくほうだね いまではあとまつ

見覚みおぼえのあるしろいワンピース
おもわずかえってしまうけど
不意ふいはずんだ呼吸こきゅうおさえて
まぶた裏問うらといかける

でもいたくて わすれられなくて
のどにはつかえたままの言葉ことば
水面みなもれる花火はなびよるけたとき
れられない 季節きせつがまたぎてく

いたくなったよ わすれられないよ
あまくてせつないかぜにお
真夏まなつゆめかんだきみまぼろし
はかなとおざかってく

でもいたくて わすれられなくて
のどにはつかえたままの言葉ことば
水面みなもれる花火はなびよるけたとき
れられない 季節きせつがまたぎてく