「新しい風」の歌詞 木村竜蔵

2015/6/3 リリース
作詞
木村竜蔵
作曲
木村竜蔵
文字サイズ
よみがな
hidden
鈍色にびいろそら切間きりかん
もり木々きぎます
もう一度旅いちどたびてみようか
ぼくもどたび

びた車輪しゃりんはぎこちなく
ギシギシといたむけど
ペダルたび
むね奥新おくあたらしいかぜ

なびかせたゆめ木洩こもびて
いつかのようにかがやいてる
いきらしながらのぼ坂道さかみち
こうがわあこがれが手招てまねきする

とどかないモノにばすのを
やめたのはいつからだろう
べつにそれもわるくはないんだよ
だれもがつよいわけじゃない

いたみもらないおとこ
まもれるものってなに?
訳並わけならべて
見送みおくった過去かこはもうもどらない

わすれてたゆめがる鼓動こどう
いつかのようにあふれそうで
あせばしながらくだ坂道さかみち
途中とちゅうでほらしたあのぼく

なびかせたゆめ木洩こもびて
いつかよりもかがやいてる
だれたことない景色けしきさがすよ
らめいてる未来みらいへとつづみち