1. 涙の花歌詞

「涙の花」の歌詞 木村竜蔵

2015/6/3 リリース
作詞
木村竜蔵
作曲
木村竜蔵
文字サイズ
よみがな
hidden
退屈たいくつはなし笑顔見えがおみせて
眉間みけん皺寄しわよせて親身しんみなふり
不器用ぶきよういにあこがれて
そのわりに器用きようさを武器ぶききてる

ひとりがきなのに孤独こどくきら
ときにはだれかとさわいでみても
りているのにかわいていて
こころだけは上手うまあやつれない

いいんだよそれでいいんだよ
きみだけじゃないから

まよいながらえらびながら
ずっとひとりであるいてきたんだね
かなしみにすられてゆく
それもつよさとえるのなら
いいんだよそれでいいんだよ

だれからもきらわれたくないから
きでもないものをまといながら
それもひとつのほうってことを
みとめてあげられたらいいのにね

いいんだよそれでいいんだよ
でもわすれないで

かげりながらにくみながら
おもえがいた姿すがたとおくて
だれかをきずつけてしまう
それも自分じぶんだとむねって
いいんだよそれでいいんだよ
かえってみれば

まよいながらえらびながら
あるいたみち途中とちゅうにいくつもの
なみだはやがてはなになり
きみにやさしく微笑ほほえむだろう
いいんだよそれでいいんだよ