「風の祈り」の歌詞 木村竜蔵

2012/9/12 リリース
作詞
木村竜蔵
作曲
木村竜蔵
文字サイズ
よみがな
hidden
かぜせてつむいだのはあなたへおくこと
かなしみにえたあなたのこころあたためるうた

一人ひとりかかえるにはこの荷物にもつすこおもすぎるよ
それでもわらってみせるかお余計よけいかなしいから

かぜいのりよ大地だいちとど
れる山背やませせて
いつかあなたがながしたなみだ
かなしみの火群鎮ほむらしずめるまで
がれはるそら

ときながれさえにくむほどにながよるとばり
幾重いくえかさなり月明つきあかりも街灯まちあかりも

夜明よあけをさそうのはこころそこからわらえるとき
そのときとなりぼく一緒いっしょわらってもいいかな

かぜいのりよはるかにひび
みどりかぜもまたひとこえ
いつかあなたと影法師かげぼうし
いまはまだ涙滲なみだにじませても
がれはるそら

かぜいのりよ大地だいちとど
れる山背やませせて
いつかあなたがながしたなみだ
かなしみの火群鎮ほむらしずめるまで

かぜいのりよはるかにひび
みどりかぜもまたひとこえ
いつかあなたと影法師かげぼうし
いまはまだ涙滲なみだにじませても

がれはるそら